2019 SCORE詳細
4月28日
対シャークス戦

【2019年4月28日】/駕与丁公園/開始10時/晴れ

○N.ライオンズ 10-0 シャークス


SH  000 000 0 : 0
NL  204 400 X : 10

【勝利投手】 深谷 3勝1敗

○深谷ー翔平

【勝利打点】美澤1

【戦評】

「ちゃんとしよう」を合言葉にダブルヘッダー第2戦。

先発は今や誰も足を向けては寝られないチームの若様レンちゃん。

立ち上がりに連打を食らいピンチを迎えるが、内野の連係から傳役ショーヘーがホームを死守!
第1戦のミス連発は無かったかのようにチームの重臣達の見事なバックアップで若様の神輿を担ぐ担ぐ。
その裏、先鋒松永が右前に流し打って号砲を鳴らすと、次鋒コノーの痛烈ライナーがライトの前へ。

得点圏に走者を置くと、4番せんせーの打球がピッチャーを強襲。これがタイムリーとなり先制!

さらに5番カネヤンのレフトへのクリーンヒットがタイムリー!初回に2点を奪う。

3回の攻撃。若様レンちゃん御自ら四球で御出塁成されると、先鋒松永も四球で追随。

2死後、樋口の斬撃はあっと言う間に右中間を真っ二つに切り裂くと、若様を楽々ホームへお迎えしワッショイワッショイお祭騒ぎの中、

松永も快足を飛ばして生還する2点タイムリー2ベース!

再び走者を溜めるとカネヤンがこの日3打点となる2点タイムリーで突き放す。

4回には相手失策などで走者を溜めると押し出しのあと、松永が直球をレフトへ弾き返す2点タイムリー!この回4点を追加しダメ押し。

若様レンちゃんは危なげないお見事な御投球で完封勝利。

選手一同大儀であった。

331戦 199勝 109敗 23分

4月28日
対メイズスクラッピー戦

【2019年4月28日】/榎田中央/開始7時/晴れ

○N.ライオンズ 6-5 メイズスクラッピー


NL  012 003 0 : 6
MS 101 002 1 : 5

【勝利投手】 此上 2勝

○此上ー樋口

【勝利打点】樋口 2

【戦評】

平成最後のダブルヘッダー第1戦目。

前戦とは打って変わって晴天の野球日和。

早朝なのもあり、心配されたコンディションも試合前ウォーミングアップから

軽やかだ。

「ちょっと待て。人数足らないぞ」

「ヤツだ。重チーだ」

案の定だ。LINE一発「しげた寝坊しました」

先発は今季投打に好調のコノちゃん。

制球は安定ながらバックが不安定。エラーから先制点を献上してしまう。

2回表。7番ショーへーが平成最後の第一打席で脇腹にDBをモロに喰らって

苦悶の表情で出塁。2死で得点圏に置くと“やれば出来る子”ナカーツの打球は

ショート左の深い所へ。これが送球エラーを誘い同点となった。

先発コノちゃんは緩急を使い分け安定したピッチング。

しかしディフェンスの様子がおかしい。早朝なのが影響しているのか、

見えないエラーを含めてライトのダーオ以外が失策を連発。

尻拭いはオレがやるとばかりに孤軍奮闘のコノー。

だが、この状況で一人ニヤニヤしている男がいる。

この日久々の2番ダーオだ。

「オレだけエラーしてないもんね」の安いドヤ顔だ。

第二、第三打席と得点圏で尽く相手失策を誘発し走者を返すバッティング。

何とか泥試合を制したが、2戦目までのインターバルで締め直すべく、

ベンチ裏での合言葉は「次はちゃんとしよう」だ。

330戦 198勝 109敗 23分

4月14日
対シャークス戦

【2019年4月14日】/上月隈第1/開始13時/小雨

○N.ライオンズ 9-0 シャークス


NL  111 132 0 : 9
SH  000 000 0 : 0

【勝利投手】 深谷 2勝1敗

○深谷ー高橋

【勝利打点】此上1

【本塁打】高橋1号(4回ソロ)

【戦評】

週末回復したかと思われた予報も試合開始前から小雨。

湿りがちだったNL打線は天気とは一転明るい兆し。

サガミの怪人の復帰で“重量”打線も益々ウエイトアップ。

試合開始直前で“鎮西の乙事主”サリーがまさかの欠場。

ウエイトダウンで試合に挑む。

初回、野球は背筋のバット職人松永が右前安打で出塁すると、

2番好調のコノー。右中間を破る当たりは先制となるタイムリー2ベース。

自身に惚れ惚れ耽ってる間にアウトカウントを間違え併殺を誘発してしまう。

「何やってんだオイ!」

先発は言わずと知れたレンちゃん。

カウント良くテンポの良い投球で2奪三振を含む最高の立ち上がり。

二回、復調の兆しが見えて来た重ちーはヒットで出塁。

カネヤンのレフトへの当たりは判定は失策。がっくりカネヤンだが貴重な追加点だ。

三回の攻撃、先頭キャプテン岸本が右中間安打で出塁すると、止まる事の知らないコノーの当たりは左中間へ。1塁走者岸本は老体にムチ打ち激走!止まりたいキャプテンの気持ちとは裏腹に3塁コーチャーがブンブン腕を回す中ホームイン。

「球場内にお医者様はいませんかー?」

四回は高橋が今季第1号をレフトスタンドに放り込むと、はしゃぐはしゃぐの

ハシャハシだ!

相変わらずレンちゃんは危なげないピッチング。

こうなるとベンチは誰が打ってないかの話題に。「4番がまだ打ってないぞ」などと

騒ついている間にナカーツがライトへクリーンヒット!

ネクストでブツブツ呟いているまだ無安打の男がいる。

取り残されたくないカネヤンが禁断の呪術に手を染める。

自身の背中の“神龍(シェンロン)”に『ギャルのパ..』まで言ったところで我に返り、

『タイムリーが打ちたいです!』と願うと、

あっという間にレフトを越えるタイムリー2ベースでガッツポーズだ!

打っては13安打9得点。投げてはピンチらしいピンチも無くレンちゃんシャットアウト。NLはこれから気温と共に上昇していく。

329戦 197勝 109敗 23分

3月31日
対メイズ•スクラッピー戦

【2019年3月31日】/駕与丁公園/開始10時/晴れ

○N.ライオンズ 8-0 メイズスクラッピー


NL  112 001 3 : 8
MS 000 000 0 : 0

【勝利投手】此上 1勝

○此上・美澤・久保・翔平ー高橋・樋口・高橋

【勝利打点】樋口 1

【戦評】

前節今季初勝利の勢いのままリーグカップ戦1回戦。

相手は前年優勝チームを迎え初戦突破を意気込む中、早くもピンチ到来。

エースレンちゃんが体調不良で欠場。

先発は試合直前に“カレーの王子様”コノちゃんを抜擢する。

初回、前回猛打賞の2番ショーへーが四球で出塁すると、

指揮官はこの試合から3番に“サガミの怪人”を召喚。

巨体から繰り出されるスイングは期待通りの弾丸ライナーであっと言う間に

左中間を破ると1塁からショーへーが激走。幸先よく先制点を奪う。

スクランブル登板となったコノちゃん。

久々のマウンドながら投球練習から一味違うぞ。球筋がいい!来てるぞ!

スポットに入ると取り戻せなくなるクセも無く、打者をカウント良くどんどん追い込んで行く!ナイスピッチだ!

2回にはピーゴロ製造機と揶揄され一念発起しアメリカ現地でよく見えるオークリーを購入した重ちー。満塁からレフトへ流し打った打球は技アリの2点タイムリーだ!

最終7回には得点圏に走者を置くと、またもや重ちーがタイムリー。

見えてるぞ!見えてる!

圧巻は続くクーヴォ。右中間を深々と破ったこの日2本目となるタイムリー3ベースが3安打目の猛打賞。

コノ、美澤、クーヴォ、ショーへーと繋いだ投手陣も相手を寄せ付けず完封リレー。投打がガッチリ噛み合いカップ戦1回戦を突破した。

3月24日
対ビギナーズ戦

【2019年3月24日】/駕与丁公園/開始10時/晴れ

N.ライオンズ 9-2 ビギナーズ


NL  501 021  : 9
BG  200 000  : 2

【勝利投手】深谷 1勝1敗

○深谷ー翔平

【勝利打点】荒金 1

【戦評】

開幕から未だ白星のないNL。前説を雨で流し、休養を含め気分を一新したいところだ。

そんなチームに平成最後のビッグサプライズ!

桜前線を逆行し、もはや巨大な物体がやって来た!

稀代のホームランアーティスト、サガミの怪人が電撃復帰!

開幕から波に乗れないチームにとってはこれ以上無い起爆剤だ!

しかも舎弟モーリスも引き連れ球場に登場すると直ぐさまメンバーの歓喜の輪が出来、

試合前からお祭りモードだ。

ここからが開幕だ!ボルテージ最高潮で試合を迎える。 

初回先頭はモーリス。

『カカトにひび入ってるっス』!?何ぃー!?

いきなりのデッドボールで早くも満身創痍の出塁。

2番松永も四球で出塁すると1死から当たりの止まっていた4番美澤がライトにクリーンヒットで先制!

そして打席には樋口!注目の復帰第1打席目。矢のような打球がセンターへ。

クリーンヒットで復帰を飾ると押し出しの四球、ショーへーの2点タイムリーなどで一挙5得点。

開幕からの貧打の中、孤軍奮闘だったレンちゃんにとっては十分な得点だ。

中押し、駄目押しと得点を重ね、投げてはレンちゃん2失点完投勝利。

これもヒグチエフェクトか。復帰早々完勝でNL2019がここから始まる。

2月24日
対博多マリーンズ戦

【2019年2月24日】/駕与丁公園/開始10時/晴れ

N.ライオンズ 0-1 博多マリーンズ


NL 000 000 0 : 0
HM  001 000 x  : 0

【敗戦投手】深谷 1敗

●深谷ー翔平

【戦評】

春1番も吹き、ここ数日で気温も上がってきた。晴天にも恵まれ野球日和だ。

今季初勝利に向け指揮官が1番に選んだのは高橋。最も期待するには勿論『DB』だ。

「何やってんダァ?」打ってどうする。黙ってDBだろ!こめかみにDBだろ!

調子に乗っていい当たりのセンターフライ。

2番にはコノー。

キャンプではチーム1番の快音を連発。今年のコノーは違うぞ。

鋭く振り抜いた打球はレフトへ。花粉症も吹き飛ばすクリーンヒットで出塁。

すかさずスチールで2塁へ。その後二死1、2塁となって、

背中に龍のもんもんを背負った5番カネヤンが打席へ。ドラゴンチャンスだ!

ドラゴンスイングは不発に終わり無得点。

先発マウンドはミスター安定感。東北のVRボーイ。レンちゃん。

打てないなら抑えるのみ。1、2回を無難に抑えると3回の攻撃。

先頭が出塁すると、トップに帰り高橋。勿論ベンチは『DB』のサイン。

しかし、サインを無視した高橋はピッチャー前に絶妙の送りバントだ。

身を挺する事なく走者を得点圏に送るとバッターはコノちゃん。

変化球にしぶとく食らい付き走者を三塁へ。そして打席には天才背筋の松永。

持ち前のバットコントロールで狙った先はファーストとライトの間へ流し打った!

先制点だ!

しかし相手ライトが予想外の守備位置に!?

なんでそんな前にいてるの!?無念の無得点。

3回裏にはアンラッキーなポテンヒットが絡み先制点を許してしまうが、

4回には先頭美澤の左中間を破るヒットで出塁すると2死ながら2、3塁と一打同点、逆転のチャンス。春先はめっぽう強いショーへーちゃん。センターへ捉えた当たりも真正面でまたも無得点。

5回も2死1、2塁のチャンスに『DB』のサインを見逃した高橋がセンター正面へ。

あと1本がなかなか出ない中、孤軍奮闘のレンちゃんを援護出来ずに敗戦。

投打が噛み合わない2月は終わり、逆襲のNL3月攻勢が始まる!はず!

2月17日
対ブルドッグス戦

【2019年2月17日】/山王公園/開始9時/晴れ

N.ライオンズ 0-0 ブルドッグス


NL 000 000 000 : 0
 B     000 000 000 : 0

深谷ー高橋

【戦評】

いよいよ2019年シーズン開幕。

昨年は勝点1差でプレーオフ進出を逃し、リーグチャンピオンの挑戦権さえ得られなかった惜しくも悔しい1年となった。

王者奪還を目標にメンバー各々が自主トレ、NLキャンプを経て球場に集結した。

開幕1番は松永を起用。ストイックなベテランが野球は背筋と後続を背中で引っ張る。

巧みな選球眼で早速四球で出塁すると、すかさず盗塁を決め得点圏へ。

ここからはシゲチー、サリー、センセーとNL“重量打線”の登場だ。

だが、開幕の重圧か冬場に蓄えたお肉のせいか気合が空回りし無得点。

マウンドには今季開幕を任せられた若きエースレンちゃん。

昨年オフの契約交渉の場での出来高オプションがニンジンとなり気合十分だ。

初回は危なげなく三者凡退で切って取ると、欲しいのは先制点。

2回先頭の高橋が出塁すると続くクーヴォがチーム初安打でチャンス拡大。

レンちゃんを援護したい打線は3回までに6者連続の『投ゴロ』の偉業を達成。

何やってんだーーー!

走者は出すも、あと1本が出ずペースを握れない中、レンちゃんの好投は続く。

1点。1点でいい。ベンチも焦る中あれよあれよで最終回。

ここまでピンチらしいピンチも無かった中、無死1、2塁の大ピンチ!

上位に回ってきた相手打線をまずは1死としたが依然ワンヒットサヨナラの大ピンチは変わりない。

更にギアを上げるーーーレンちゃん。

しかし放たれた打球はレフト線にフラフラっと上がったぁ!!!!

やばーーーい!!!!

「切れろーーー!!」

「入れーーー!!」

両軍の思いが交錯する中、一直線に打球に突入するのはクーヴォだ!!!!!

ラインギリギリの打球を間一髪でスライディングキャッチすると、ワンヒットサヨナラ

を焦った2塁ランナーが飛び出している。体勢不十分ながら矢のような送球を2塁へ!

ビッグプレーだ!!!!!!

サヨナラのピンチを凌ぎ延長へ。

延長9回も両者無得点でタイムアップ。開幕戦は痛み分けとなった。

勝てなかったが負けなかった。投手の好投にファインプレー。好ゲームとなった開幕戦が次戦への勝利の布石となるはずだ。

福岡 軟式 草野球チーム N.ライオンズ